女形半襦袢と棒衿の合わせ方着用例

爽快襦袢メイン画像_女形半襦袢参考例.jpg

女形半襦袢

上に棒衿を重ねて合わせます。

衿芯が入る仕様。

​煌工房

当店工房、職人がひとつひとつ丁寧に仕上げています。

​Mede in Japan

立役半襦袢

ノースリーブ

お芝居から舞踊まで幅広く使えます。

爽快ストレッチ素材

吸湿速乾性に優れた素材。

汗を吸収し素早く乾くことで衣服内の温度を抑える

効果があります。

ストレッチ性があるので

動きを妨げることなく快適な​着心地を実現します

女形裾引きのお着物に合わせた場合(モデル:新海輝龍 座長)

きらこぼ商品_棒衿の着用方法1.jpg

​1、女形半襦袢を着る

  お好みの枚数に応じて衿芯を入れます

きらこぼ商品_棒衿の着用方法2.jpg

​2、襦袢の衿の上に棒衿を重ね合わせて紐で固定する

​*棒衿にもお好みで衿芯を入れられます

きらこぼ商品_棒衿の着用方法3.jpg

​3、着物を着る(衿部分の背中側に見えるのは、半襦袢の衿の内側です)

きらこぼ商品_棒衿の着用方法4.jpg

​4、着付け完成

*当店の襦袢、棒衿は舞台役者仕様の仕立てとなっていますので、一般呉服用の仕立てとは異なります。

​*今回ご紹介しました着用の仕方は一例です。

***当店の襦袢は、大衆演劇の役者様からフィードバックを受けて改良を重ねた舞台仕様となっております**